【ヘルステック】DICOM通信システム開発 // DICOM Development Engineer

メディカル・バイオテクノロジー(医療機器・製薬・化学);テクノロジー・デジタル・通信

東京都
4M-6M
正社員

仕事内容

・検査装置 / PACS と放射線画像の送受信を行うソフトウェアの開発。 ・放射線画像をクラウド(GCP)にアップロードするソフトウェアの開発。 ・上記ソフトウェアを搭載するハードウェアの評価・選定。 ・ハードウェアの出荷・量産体制の検討。 ・医療機関導入の際の技術支援。 【業務範囲】 ・要件定義、基本設計 (セールスチーム、放射線技師による助言のもと) ・実装エンジニアとのコミュニケーション ・ユーザーマニュアル、導入マニュアル、適合宣言書の作成またはディレクション。 ・現地導入作業を効率化するマニュアル類、キッティングツールの整備。 ・フィールドエンジニアへの技術的な助言 現在、シンプルな機能を備えたいくつかのプロダクトが存在します。 (DICOM-Storage、DICOM-QR、ワークリスト管理、画像アップローダー) これらに対してユーザー体験向上のための取り組みを行っていただきます。 まずはメインの開発者のともに既存プロダクトの理解を深めていただき、ゆくゆくはご自身でハンドリングしていただくことを期待しています。

対象となる方

PACS・ RIS・DICOM;AI・IoT(医療);開発エンジニア(ソフトウェア)

応募資格

給与情報
面談時にご説明致します。
労働時間
09:00~18:00(所定労働時間8時間)
休暇休日
【休日】125日 (内訳) 土曜 日曜 祝日 夏季5日 年末年始7日
福利厚生・待遇
【有給休暇】有(10日~) 【退職金】有 【社会保険】健康保険 厚生年金保険 雇用保険 労災保険  【寮・社宅】無
PR内容
私達は、個人の医療データはすべて個人に帰属するものだと考え、 『個人がいつでもどこでも自身のデータを参照することができるプラットフォーム』 を目指しています。 ▼クラウド上で管理することによって より堅牢なセキュリティのもと、医療データの保存や共有が可能となります。 また、強力なクラウドサービスを活用してアプリケーションを構築することができ、 AIによるデータの二次活用のスピードを高めることで、 日々のめまぐるしい医療の業務をサポートし、品質の向上を目指します。 ①【遠隔画像診断事業】 遠方の医療機関から送られるMRIやCTの医用画像に対し、専門医による読影(画像による病変の有無、良悪の診断)を行いレポートをお返しするサービス。 ②【医療支援サービスの開発】 クリニック内の業務や、遠隔診断、遠隔診療などを包括的に支援するための統合医療クラウドプラットフォームの開発、運営。
担当コンサルタント
担当
プロフィール写真 Kiyonao Nakamura

興味のある求人があれば転職相談からお問い合わせください